住所の確認

申込書に記入する住所には必ず確認が行われます。
ちゃんと現在住んでいる住所が、「現住所」という解釈になることは、みなさんも衆知していることと思われます。

申込書に、もちろん今住んでいる住所を書くのが当たり前に思いますが、業者が「お住まいはこちらでよろしいですか?」などの確認の問いかけに対し、中には「だいたい住んでいます。」なんて答える利用者もいます。
これは、とんでもない返答です。
担当者はびっくりして「だいたいって?」と不信感を抱くことでしょう。
消費者金融側からみれば、「住所が定まらない利用者にはお金を貸したくない」という結論にならざるを得ないかもしれません。

担当者は、「怪しい」と察すると、記入してある住所を地図や電子辞書で調べ、「周辺に○○がありませんか?」などとカマをかけて確認してくる場合もあります。
そして、住所周辺に他の利用者がいる場合もあり、地図を調べなくても頭に入っていることもあることでしょう。

業者側は、毎日の接客や事務処理でその道のプロです。
目を欺くことは容易ではないですよ。
カードローン 比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。