耳の病気について

 それでは、滲出性中耳炎の治療法をご紹介しましょう。
1. 鼻と喉の治療
滲出性中耳炎の子どもは、慢性副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)やアレルギー性鼻炎、咽頭炎、ぜんそくなどの病気を持っていたり、風邪をひきやすいことが多く見られます。このような病気は、喉の上と耳とをつなぐ耳管を悪くし、細菌感染を引き起こします。まずこのような症状をなくすことが大切です。
2. 鼓膜切開
中耳腔にたまった液を、鼓膜を切開して外へ出す治療です。液が粘っこい場合は吸引します。これだけで耳の聞こえは回復します。鼓膜に小さな穴を開けますが、すぐに閉じてしまいます。
鼓膜切開をしてもまた浸出液がたまってしまうことがあります。この場合の治療
法を次にご紹介します。
耳の病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。