グレーゾーン金利

日本では、出資法と利息制限法という2つの法律で金利の上限が定められています。しかし、出資法の上限金利は29.2%、利息制限法では15〜20%となっており、2つの法律が定める上限金利には違いがあります。
キャッシング業者は、本来は利息制限法に沿って貸付を行わなければなりませんが、仮に利息制限法を超えても罰則が無いため、殆どのキャッシング業者が20%以上の金利、いわゆるグレーゾーン金利で貸付を行っているのが現状です。
最近、このグレーゾーン金利が表立って批判の対象となったため、2009年を目処にグレーゾーンが廃止される見通しとなっていますが、根本的な解決にはまだまだ時間がかかりそうです。
いずれにせよ、キャッシング業者は、利用者にとって常に親切かつ安心であってほしいものですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。